事業者限定品セット

セット品展示室へ戻る
最終更新:2020年8月31日

車両単品と比べると数は格段に少ないですが、事業者限定品にもセットモノがあります。
会社別に分ける事はせず、発売順に紹介します。

江ノ電の小さな旅セット(2010年)
2002年の「海が見える旅セット」のリメイク版として江ノ電から発売されたセット。
旧セットが発売された頃は現役だった初代500形に代わり、20形が登板しました。
藤沢駅・江ノ島駅の売店と鎌倉駅のグッズショップなどで発売されました。

湘南モノレール5000系ブルーラインセット(2010年10月3日)
湘南モノレールがプラレールを企画し発売したなかなか異色の製品。後年、赤い帯の5000系もセットで発売されています。
懸垂式モノレール自体は以前にもトミー本体から発売されていましたが、絶版後に実際に運行している湘南モノレールに製品化の要望が多数寄せられていた事から発売されたもののようです。
2010年10月3日にYOKOHAMAトレインフェスタ2010で先行発売、5日から一般発売でした。 発売場所はモノレール大船駅、本社、三菱みなとみらい技術館内の売店のみ。

湘南モノレール5000系セット(2014年10月18日)
赤い方の5000系。ブルーラインはタイムステーションD51のモノレールの金型を流用していましたが、こちらでは新規金型を起こされよりリアルになりました。