踏切系

戻る
最終更新:2020年9月5日
踏切系。一言に踏切と言ってもこれまた多くあります。

ふみきり
車両の通過と遮断機が連動する最初の踏切。長期間に渡り生産され、形態差が多く存在します。

J-18 小さな踏切
音入り踏切の後継品。トミカタウン対応です。バラストや枕木、柵、機械箱などが表現され、随分とリアルになりましたが踏切小屋は音入り踏切から続投です。

J-21 エレクトロ踏切
車両が透ると警報機が鳴るギミック系情景。 1981年に緑色の成型色で発売され、1988年にJ-21を付番されると同時に赤い成型色に変わりました。
2008年に絶版。