情景部品 セット品

情景部品・レール展示室へ
◀︎情景部品 信号機 情景部品 その他▶︎
最終更新:2022年5月12日

数は少ないながらも、情景部品にもセット品があります。分類的にはセット品 > 情景部品セットとするのが最適かもしれませんが、情景部品展示室・施設系の一ページとして展示します。

いろいろ情景いっぱいセット(2001年)
新世紀に入り、プラレールが製品のリアル化に舵を切った頃、大人のマニア向けとしか思えないセットが発売されました。それがこの「いろいろ情景いっぱいセット」です。
レイアウトを彩る多彩な情景部品がセットオリジナルカラーで入っています。基本的には紺色基調となっており、車庫・跨線橋・信号所・田舎の駅の屋根が紺色に、地味ながら「高架ステーション」のポイントまでもが紺色になっています。 洗車場とニュー転車台にはエメラルドグリーンが使われていて落ち着いた雰囲気です。立木は台座と幹が茶色成型となり、かなりリアル。
ただマニアックすぎたのか知名度は低く、発売から20年以上が経過した今でも探している人がいるほど、影の薄い伝説のセットとなっています。


 › 
 › 
情景部品 その他の情景