ガレージキット

車両単品のページへ
最終更新:2020年9月11日

一貫して完成品の製品を提供し続けるプラレールですが(子供向け玩具なので当然ですけど)、2000年と2001年の2回のみ、公式のガレージキットを発売した事があります。
発売されたのは幕張メッセで開催された東京キャラクターショー(2000年7月22・23日、2001年7月21・22日)においてで、どちらの回も300個限定でした。
自分で組み立てて塗装をするガレージキット、しかも300個限定ですので新品同様のものは現存数が少なく、プラレール界きってのレア製品になっています。
車両のチョイスは電気機関車オンリー、EF60形19号機とEH10形の2形式です。


EF60電気機関車プラレール40周年号
東京キャラクターショー2000で発売されたプラレール史上初のガレージキット。
1999年9月25・26日に運行された「プラレール40周年号」の牽引機、やすらぎ色のEF60形19号機です。
白色成型の車体、台車、そしてグレーのパンタグラフと帯のステッカーが付属しています。
製品のEF65がベースの車体に、ヘッドライトと側面の四角い窓が上手く再現されています。
EF60 19のやすらぎ色は2010年に「トミカとプラレールのニュータウンセット」の車両として新規金型で再び製品化されました。

EH10電気機関車
東京キャラクターショー2001で発売された2つ目のガレージキット。
1954年から81年まで活躍したマンモス機関車として知られているEH10形が製品化されました。EF60以上に思いっきり大人向けです。
パンタグラフが車体の両端にある量産機がモデルになっています。
EF60とは異なり、ステッカーは付属せず。台車は金太郎と同様ですが、モーターはハイパワーではなく通常仕様です。