非売品

車両単品のページへ
◀︎ガレージキット
最終更新:2022年1月10日

90年代後半より非売品が配布されるようになりました。配布はトミー本体からの景品はもちろん、店舗の発注品、鉄道会社の発注品、イベントの入場記念品や通常品の付属品などなど、様々な形態があります。
非売品という性格上、入手困難品が多くあるのでコンプリートとはいきませんが、集まった分を発売年順に紹介します。
ページ後半にはプラレール博の入場記念品や景品もまとめています。

金ぴか500系(1996年)
1996年に開催されたプラレールフェアで配布されたものだそうです。

金ぴか2スピードのぞみ(1996年)
トミーの景品。

金ぴか2スピードのぞみ(1996年)
雑誌「クアント」の懸賞品。

金ピカ2スピードつばさ(1997年)
これもトミーの景品。前面窓が黒塗りの個体もあるようですが、こちらは窓まで金メッキのタイプ。

金ピカあさぎり(1998年)
ジャスコ古淵店(現 イオン相模原店)開店記念で作られたもの。らしいです。小田急から出たものではありません。

金ピカニューロマンスカー(1998年)
同上。

スケルトン300系(1999年1月)
1999年冬に配布されたプレゼント品。 購入した製品のバーコードをハガキに貼り、「オリジナルのぞみ号コース」を希望して送ると抽選で貰えました。数は極めて少ないようですが、インパクトがあるので非売品の中でもかなり有名なものです。

金ぴか700系(1999年)
1999年に配布された非売品。玩具店で配布されたと聞きましたが、詳細不明です。

金ぴかJR九州ソニック883(1999年)
よく分かりませんが、存在している非売品の一つ。1999年の鉄道フェスティバルで目撃情報があります。

10月14日「プラレールの日」ファンクラブ特別限定 銀ピカ300系のぞみ号(1999年)
1999年にファンクラブの会員に配布された非売品。銀メッキの300系新幹線にファンクラブのロゴが貼られています。

金ピカポケモントレイン(2000年)
「めばえ」の読者プレゼント品。キャラクターもので金メッキというのは珍しい例です。

ドクターイエロー グリーンライン(2001年)
玩具店や玩具売り場でプラレールを買うとくじ引きが引けるキャンペーンの特賞。 通常品のドクターイエローはJR東海・西日本の922形がモデルなので、差別化を図ってこちらはJR東日本の925形がモデルになっています。 鼻は実車通りの白、ライトはクリアブルーの樹脂がはめられて上品な出来に仕上がっています。
東西両方のドクターイエローで遊べるということで非売品の中では人気が高い方でしたが、2011年にプラレールショップで多少ディテールアップが施されたものが再度発売されたのは記憶に新しいですね。

のせかえ貨物車両(2001年)
同上。2等賞です。
緑のコンテナが国鉄感あって良いですね。貨車(コキ)は青成型です。

電気検測車(2001年)
ファンクラブの配布品。193系がモデルになっています。「L特急」を塗り替えただけのものですが、雰囲気は抜群です。

DD51形ディーゼル機関車(新塗装)(2002年)
ファンクラブ配布品。2002年に登場した青を基調とした新塗装のDD51と青成型のコキとの2両セットです。24A形タイプのコンテナが付いてきます。 この塗装での登場は2004年までとなり、以降は赤基調の新々塗装に変わったためあまり目にする事なく姿を消しました。

新幹線 中間車3両セット(2002年)
新幹線まつりキャンペーン2002で配布された中間車3両という異色のセット。

DE10形1155号機 1165号機(2003年)
ファンクラブ配布品。DE10形の重連というマニアックな内容です。


USA版寝台特急(2003年)
581系・583系のプラレール「しんだいとっきゅう」の正当な復刻版。2003年にアメリカの某企業が企画したノベルティで、通称「USA版寝台特急」と呼ばれています。 薄色、濃色、銀メッキの3色が存在します。同年10月には日本に逆輸入され、舞浜のイクスピアリにあった天賞堂HbF店で発売されました。 中でも「薄色」「濃色」は往年の「しんだいとっきゅう」を思い出させてくれるすばらしい色味が出ていて、プラレールの日限定品の寝台特急より人気があると言われています。

イーストアイ 中間車クリアカバー(2005年)
2005年4月に発売された「サウンド検査イーストアイセット」の中間車クリアカバー。トイザらスでセットを買うと貰えました。 当のイーストアイの中間車は本来のカバーをつけていると車内のギミックが見えなくなるので、その欠点を解消するために作られたものです。

E4系新幹線Max(銀メッキバージョン)(2010年)
玩具店や玩具売り場でプラレールを買うとくじ引きが引けるキャンペーンの特賞。同じものがバラでプラレール博のゲームの景品として配布されています。

ブルーストリーム(2011年)
プラレールショップでポイントを貯めると引き換えできる非売品。青いリニアモーターカーなんて言ってはダメです。

E3系新幹線(クリア仕様)(2013年)
2013年に開催されたプラレールまつりやキャンペーンの特賞・当選品。

E5系新幹線(クリア仕様)(2014年)
2014年に開催された「新幹線まつり スピードくじ」の1等景品。無色の完全な透明成型です。

エボルタ電池鉄道99系(2015年3月)
「エボルタチャレンジ!廃線1日復活記念キャンペーン」のプラレールコース当選品。 パナソニック電池を買ってキャンペーンに応募すると抽選で貰えました。屋根上の電池はオブジェです。中身は普通の新メカ。 EVOLTA電池が1本付いてきます。

ハンバーガー貨車2016(2016年)
2016年10月15日から配布されたハンバーガー貨車の2016年版。 マクドナルドのハッピーセットを買うと貰えたDVDのパッケージにあるチケットを切り取り、おもちゃ売り場等でプラレールを2500円以上購入した際にチケットを出すと貰えました。

923形ドクターイエロー(クリアイエローバージョン)(2016年)
2016年に開催されたプレゼントキャンペーンの当選品。通常品と異なり、ライト無しです。

エボルタ電池鉄道600系(2016年)
「パナソニック乾電池を買って当てよう!」キャンペーンの当選品。

E6系新幹線こまち(連結仕様)(クリアレッドバージョン)(2017年)
2017年に開催されたプレゼントキャンペーンの当選品。

E7系新幹線かがやき(クリアブルーバージョン)(2018年)
2018年に開催されたプレゼントキャンペーンの当選品。

プラレール博 入場記念品・景品

車掌車(2001年)
2001年度プラレール博の入場記念品。

九州新幹線800系つばめ 中間車(2004年)
2004年度プラレール博の入場記念品。

イベント記念号(客車)(2006年)
2006年度プラレール博の入場記念品。

E657系特急電車 中間車(2013年)
2013年度プラレール博の入場記念品。

プラレール55周年号 中間車(2014年)
2014年度プラレール博の入場記念品。

北海道新幹線はやぶさ 中間車(2016年)
2016年度プラレール博の入場記念品。

E7系新幹線かがやき 中間車 プラレール博仕様(2017年)
2017年度プラレール博の入場記念品。

923形ドクターイエロー 中間車(5号車)(2018年)
2018年度プラレール博の入場記念品①。

テコロでプラレール クリアレッドバージョン バーティー(2018年)
2018年度プラレール博の入場記念品②。

景品プラレール 中間車・後尾車 スーパーひたち(2018年)
2018年度開催の「プラレール博 in KITAKYUSYU」でこっそり入場記念品として配布されたスーパーひたちの後尾車。 プラレール博限定品のスーパーひたちは2018年に絶版となったので、その在庫処分的な意味合いで配布されたようですが、公式HPにも配布の記載がなく非常に影の薄い存在。 説明書に景品と記載がある以外は3両単品と全く同じです。

60周年記念プラレール博コンテナ車(2019年)
2019年度プラレール博の入場記念品。

その他非売品

E7系北陸新幹線かがやき 中間車(2014年)
「E7系北陸新幹線かがやき立体レールセット」の販促非売品。モデルはE725形100番台・200番台で、同年のプラレール博入場記念品(E725形400番台)とは別です。

 › 
 › 
非売品