開設
最終更新
2021年9月1日
2021年11月25日

ピース。1946年に発売されたたばこの銘柄です。
2021年現在では忌み嫌われるような存在となってしまったたばこですが、まだまだ喫煙率が高かった1950〜70年代、誰でも手に取るたばこのパッケージは広告塔としての役割を強く持っていました。 中でもピースは人気の銘柄だったため、他の銘柄「光」「いこい」などと共に、イベント事や記念日、企業の贈呈品、旅館やホテルのノベルティなど、さまざまな面で起用されました。
1960年代に入り、「ハイライト」や「セブンスター」と言ったフィルター付きたばこが発売されると、ショートピースでの記念品が発売される頻度が減り、1966年を最後に「ハイライト」やフィルター付きの「ロングピース」にその役割を譲りました。 そんなピースのパッケージに色々なバリエーションがあった1950〜60年代の空き箱をちまちまと集めているので、年代や用途別に展示するページを設けることにしました。

レトロであり新鮮でもあるピースのグラフィックデザインをどうぞご覧ください。

当館の情報は社団法人専売事業協会が1969年に発売した「記念・観光たばこデザイン 第1集」の記述に基づいています。






 › 
ピース館