トンネル系

戻る
最終更新:2020年9月21日
トンネル系。こちらもかなりあります。
J-02 ブロックトンネル
ブロックに分ける事で伸縮自在としたトンネル。
現行の「のびるトンネル」とは異なり、中間部があればいくらでも伸ばせるのが特徴です。
80年代から2010年代にかけてはセット品情景の定番品でもありました。

J-06 複線トンネル
大トンネルの曲線版とも言えるトンネル。上に単線を敷く事も可能な便利なトンネルです。

いなかのトンネル
1982年4月発売。通常のトンネルより少し寸詰まりな長さのトンネルに牛舎とサイロ、そして牛が付いています。
とうだいトンネル発売後は金型が共通となり、裏面に灯台用の穴が開いている後期品が存在しています。1985年に絶版。

とうだいトンネル
1984年発売のいなかのトンネルの姉妹品。
電池を入れると一定間隔で点滅し、灯台の光を表現するギミック系情景です。 1986年に絶版。いなかのトンネル共々ブログで詳しく紹介しています、

大トンネル
地上にも高架にも置けて、複線用にも単線用にもなるかなりマルチな使い方が出来るトンネル。
側壁は「地下鉄の駅」と共通です。灰色と水色のものがあり、前者の方が古いです。