ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ(10代目箱)

車両単品のページへ
◀︎10代目箱 プラレールの日▶︎
最終更新:2021年12月17日

基本的に新メカ移行後の本シリーズも10代目箱でのリリースとなりましたが、新動力でリリースされるものは2017年まで9代目箱のままでした。2018年以降は完全に10代目箱に切り替わり、現在に至ります。
「E233系横浜線」は2014年に発売されたものが人気だった事もあり、2018年に新メカで再販されました。再販版では実車の乗務員扉と乗降扉の間に貼られていたエンブレムの撤去が反映されています。
「E233系埼京線」は9代目箱のまま2017年に再販されたものを2019年に新メカ化し、鉄道博物館限定品として継続して発売されています。
2018年9月発売の「近鉄アーバンライナーnext」と2020年8月発売の「エヴァンゲリオン特別仕様ミュースカイ」は新動力車ですが、10代目箱でリリースされています。
シリーズを通しての目玉はやはり「ノスタルジックTOKYO 0系新幹線」でしょう。1964年の開業時の映像でよく見られるモノクロ映像での姿をそのままプラレールに落とし込んだ異色の製品です。
2016年および2021年の発売はありませんでした。
「E233系埼京線」は事業者限定品の鉄道博物館のページと重複掲載しています。

E3系新幹線とれいゆ(連結仕様)(2014年12月)
E233系南武線(2015年3月)
ドア開閉 E231系500番台総武線(2015年7月)
E233系横浜線(2018年3月)
400系新幹線(連結仕様)(2018年8月)
近鉄アーバンライナーnext(2018年9月)
東武鉄道70000系(2018年10月)
京阪電車10000系(2018年12月)
E233系埼京線(2019年)
東京メトロ半蔵門線08系(2019年6月)
ノスタルジックTOKYO 0系新幹線(2020年6月)
ありがとう東海道新幹線700系(2020年6月)
エヴァンゲリオン特別仕様ミュースカイ(2020年8月)

 › 
 › 
 › 
ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ(10代目箱)