7代目箱

車両単品のページへ
◀︎6代目箱 8代目箱▶︎
最終更新:2021年12月12日

1994年から2003年まで使われていた箱。窓が3枚になり3両全部が見えるようになりました。
頻繁な新製品の開発や車両の絶版が繰り返されたため、製品がラインナップはかなり豊富です。
先代の箱で見られたギミックや車種別の地色分けは無くなり、全て同じ水色基調のパッケージとなりました。
新たな試みとして、実車にカラーバリエーションのある205系「通勤電車」とE653系「フレッシュひたち」の製品化の際に、一部の色を「初回限定品」として少数生産した事があります。
7代目箱の時期はJR発足10年前後の頃だったので新型車両の登場が多く、デビューするたびに発売されるようになりました。これらの新型車両は旧型車の置き換えよりも新設の列車としてデビューしていた事もあり、6代目箱の頃のような車種置き換えは一旦お休みとなりました。 そのため入れ替わりで続々絶版していくというような大きな動きは無いのですが、製品にアップデートは事細かに行われており、「E2北陸新幹線」が「E2新幹線あさま」に製品名の更新がされたり、「JR九州つばめ」の塗装がメタリックからダークグレーになったり、E1系とE4系の中間車共通化、L特急金型(L特急・L特急あずさ・カモメエクスプレス)のJNRロゴモールド削除など、 細かく見ていくと面白い点が多いのがこの世代の特徴です。
箱は1994年の登場以来、ほとんどデザインに変更を加えられること無く生産され続けましたが、2000〜01年頃に発売された7代目箱最終新製品では対象年齢表示が箱の前面に移されました。
また、1999年に生産された一部製品には車輪の留め具を隠すための出っ張り「車軸受け」が追加されていますが、程なくして元に戻されています。この時に追加された車軸受けは、2000年以降の製品ではEF81形や20系客車などの一部だけに残存しています。 6代目箱と同様に、新幹線→特急車両(JR→私鉄)→通勤電車→機関車→その他の順で掲載していきます。
私がプラレールを集め始めた頃は玩具店に行くとよく残っていたこの箱ですが、この十数年で流石に見なくなりました。


2スピード新幹線
2スピードのぞみ
500系新幹線
700系新幹線
ウエストひかり
ドクター・イエロー
300X新幹線
WIN350
東北上越新幹線
2スピードつばさ
オール2階建て 新幹線 Max

E4系新幹線 Max
E2北陸新幹線
E2新幹線あさま
E3 秋田新幹線こまち
ニュー200系新幹線
リニアモーターカー
スーパー北斗
L特急
L特急あずさ
スーパーひたち
スーパービュー踊り子号
成田エクスプレス
房総ビューエクスプレス
フレッシュひたち〈オレンジ〉
フレッシュひたち〈赤〉
フレッシュひたち〈緑〉
フレッシュひたち〈青〉
フレッシュひたち〈黄〉
サンライズエクスプレス
あさぎり
カモメエクスプレス
ゆふいんの森
JR九州ソニック883

JR九州つばめ
東武スペーシア

ニューロマンスカー
名鉄ブルーライナー
近鉄アーバンライナー
南海ラピート

東海型急行電車
ドア開閉通勤電車
通勤電車(ウグイス)
通勤電車(スカイブルー)
通勤電車(カナリア)
通勤電車(エメラルドグリーン)

近郊電車(ダブルデッカー)
地下鉄電車
ブルートレイン
トワイライトエクスプレス
カートレイン
カートレイン2000
カシオペア
ライト付D-51機関車
積みおろし貨物トレイン
のせかえ遊び貨車セット
ユーロスター
TGV

1両単品

C-12蒸気機関車
C-12蒸気機関車
EF-58電気機関車
EF-58電気機関車
EF-66電気機関車
EF-66電気機関車
EF-81電気機関車
EF-81電気機関車
DD-51ディーゼル機関車
DD-51ディーゼル機関車

その他

楽しいアクション貨車セット
たのしいサーカス列車
親子で描こう!プラレール

 › 
 › 
7代目箱