橋梁系

戻る
最終更新:2020年8月21日

鉄道風景を作り上げるには欠かせない「橋」をまとめてみました。
レールと一体のもの、道路と交差するもの、カラーバリエーション豊富なものなどなど、非常に多彩です。

こうかレール
今でも人気のレール。初期のプラレールの定番と言える「こうかレール」です。
当初は白色、後年はクリーム色になり、「C-62こうかセット」では茶色のものが含まれていました。

プレートガーター
1975年に発売され翌年には姿を消した短命情景。
直線1本分の重厚な作りなガーター橋でレイアウトにアクセントを加えるには最適なのですが、かなりのレア品になっているのが残念です。

ふくせんてっきょうレール
70年代中盤までラインナップにあったもの。

てっきょう / J-03 鉄橋
現在の「J-03 小さな鉄橋」の前身。途中で橋桁が変更されています。

はねばし
1971年から現在に至るまで生産され続けているロングセラー情景部品。「ニューでんしゃセット」でデビューした思われます。
単品発売は1972〜2010年。以降は「レールセットA」に同梱されているものが2020年現在も現役です。1987年以降はJ-05が付番されていました。
改良を加えられながらも発売当初からほとんど姿を変えておらず、車庫と並んで生きた化石のような情景部品です。

クロスはねばし / J-06 クロスはね橋
1976年に発売され、1995年頃に絶版。線路同士が交差する跳ね橋です。
最後まで同じカラーだったので地味な情景ですが、同年発売の「クロスはねばしセット」に赤色のものが同梱されていました。

J-20 ガーター橋
1/2直線レールサイズのガーター橋。なかなか秀逸な情景部品でしたが、絶版となってしまいました。

J-29 警笛レール
やかましい情景シリーズ。鉄橋が付いているので橋梁系に分類しましたが、地上でも使えます。